日文版《小王子》讀起來又是另一種風貌,用耳朵欣賞經典名著《星の王子さま》


經典名著《小王子》,如果是日語版的《小王子》會是怎麼樣的風貌呢?

《小王子》相信是每個人的童年都會讀的一本經典名著,但是如果用日文來閱讀的話,又能從另一個角度重新欣賞這本經典名著...小王子是一本適合給大人看的哲學故事,如果你跟我依樣,覺得隨著長大而失去一些什麼的話,那麼你一定要重新閱讀這本書...


這集要帶你從日文的視角來欣賞經典名著《小王子》日文版,希望你可以從中感受到日文閱讀的樂趣


6歳のころ、原始林のことを書いた『本当の物語』という本の中で、僕はすばらしい絵に出会った。それはボアという大きなヘビが動物を呑み込もうとしているところの絵だった。ここにあるのがそれの写しだ。
本にはこう書いてあった。
「ボアは獲物をかまずに丸ごと呑み込みます。そのあとは動けなくなって、消化が住むまで6か月のあいだずっと眠っている」。
 
僕はジャングルの冒険についていろいろなことを考え、色鉛筆で初めて絵を描き上げた。僕の作品第1号はこんな風だった。
僕は、この傑作を、大人たちに見せて「この絵、恐くない?」と聞いた。
相手は、「どうして帽子が恐ろしんだい?」と言う。
この絵は帽子の絵じゃない。ボアがゾウを消化しているところだ。でも大人には分からないらしいので、もう一度、今度はボアの内側を描いた。大人相手にはいつもきちんと説明してやらないといけない。僕の作品第2号はこんなだった。
 
大人たちは、ボアの絵を描くのは外側も内側も全部やめて、地理と歴史と算数と文法をしっかり勉強しなさい」と言った。そういうわけで、僕は6歳のときに偉大な画家になる道をあきらめた。作品第1号と第2号の不評に意欲をそがれたのだ。
大人というのは何もわかっていないから、子どもはいつも説明しなければならなくてうんざりしてしまう。


僕はほかの仕事を選ぶことにして、飛行機パイロットになった。世界のあちらこちらを飛び回る。地理の勉強は実際に役に立った。僕は一目で、中国とアリゾナを見分けることができる。夜迷った時など、とても助かる。
 
そうやって暮らしていく中で、僕はたくさんの重要人物に会うことになった。大人たちと過ごすことが多かったし、ずいぶん近くから彼らを見た。それでも、彼らについての僕の考えはあまり変わらなかった。
この人は聡明かなという相手にあったとき、僕はいつも持ち歩いていた作品第1号を見せることにしていた。本当に想いの通じる人に会いたかったのだ。でも、答えはいつも同じだった。
 
「それは帽子だね」
そうなるともうボアのことや、原始林のこと、星のことなんか話す気にはなれない。僕は相手に合わせて、ブリッジの話やゴルフのこと、政治やネクタイの話をした。すると大人は君は話のわかるやつだといって喜ぶのだ。


そんなわけで、6年前に、サハラ砂漠で飛行機が故障するまで、本当のことを話せる相手に会わないまま、僕はずっと一人で生きてきた。その故障というのはつまりエンジンのどこかが壊れたのだ。機関士も乗客もいなかったし、僕は故障修理という難しい仕事を自分一人でやらなければならなかった。
 
死ぬか生きるかという状況だった。飲水が八日分にも足りないくらいしかなかったのだ。
最初の晩、僕は人が住む土地から1000マイルも離れたところで砂の上に横になって眠った。
 
船が難破していかだで漂流している船乗りよりももっとひとりぼっちだった。だから、夜明けにおかしな声がして目が覚めた時、僕がどんなにびっくりしたか想像してもらいたい。その声は言った。
 
「すみません、羊の絵を描いて」
「え、なに」
「羊の絵を描いて」
 
僕は雷が落ちたみたいに驚いて、すぐに立ち上がった。それから目を擦って、あたりを見回した。とても不思議な子供が一人がそこにいて、僕の方を真剣な顔で見ていた。


ここにあるのが、ずっと後になって僕が描いた、彼の一番いい肖像だ。この絵は本人の魅力の一部しか伝えていないけれど、でもそれは僕のせいではない。
 
6歳の時にボアの外側と内側を描いて画家になる野望を大人たちに挫かれて以来、僕は絵の練習をしてなかったから。
 
僕はびっくりして、本当に目を丸くして、この相手を繁々と見た。さっきも言ったけれど、僕は人が住むところから1000マイルも離れたところに不時着したのだ。それなのにこの子は道に迷ってようには見えなかったし、疲れや飢えや、渇きや、怖さなどで死にそうにも見えなかった。つまり、人の住むところから1000マイルの砂漠の真ん中で途方に暮れた子供という感じは全然なかったのだ。ようやく口が聞けるようになった時僕は言った。
★延伸閱讀: 如何說出自然的日文?每天練習十分鐘,日文變得超流利!


「でも、君、ここで何をしているの?」それに対して彼は、とても重要なことを告げるように静かな声で繰り返した。
「すみません、羊の絵を描いて」
あまり大きな謎に出会うと、人はあえてそれに逆らわないものだ。おかしなことに人里から1000マイル離れたところで死の危険を目前にしているというのに、言われるまま僕はポケットから1枚の紙と万年筆を出した。


でも、自分が熱心に勉強したのは地理と歴史と算数と文法だけだったことを思い出して、絵の描き方は知らないのだとその子に言った。すると彼は言った。
 
「そんなことはいいの。羊の絵を描いて」
僕は羊の絵なんか描いたことがなかったから、自分にかけるたった二つの絵の一方を描いて見せた。つまり、ボアの外側。僕がびっくりしたことに、その子はこう言ったのだ。
 
「だめだめ。ボアに呑まれたゾウなんてほしくないよ。ボアって危ない動物だし、それにゾウはとても場所をとるでしょ。僕のところはすごく小さいんだ。僕が欲しいのは羊なの。だから羊の絵を描いて」
 
そこで僕は絵を描いた。
すると彼はそれをつくづく見てから言った。
 
「だめだよ。この羊は初めから病気みたいだ。別のを描いて」
 
そこで僕はまた描いた。すると僕の友達は笑って、僕を傷つけないよう気を遣いながら言った。
 
「わかるでしょ、これは普通の羊じゃなくて、雄の羊だよね。」
そこで僕はもう一度だけ試してみた。
でもそれも前のと同じように受け取ってもらえなかった。


「これはすごく年寄りの羊だよ。僕はこれからずっと長生きするのが欲しいだ。」
 
そこで僕の忍耐の限界が来た。早くエンジンを分解しなければと思って焦っていたのだ。
僕はざっと次の絵を描いて彼に渡した。
 
「これは羊の箱。君の羊はこの中にいるよ」
すると、びっくりしたことに、この厳しい審査員はすっかり明るい顔になっていったのだ。
 
「そう。僕が欲しいと思っていたのはこんなのだよ!この羊、たくさん草を食べるかな?」
 
「どうして?」
 
「だって、僕のところはすごく小さいから」
 
「こいつが食べる分くらいちゃんとあるさ。これはとても小さな羊だからね」彼は絵の方に頭を傾けた。
 
「そんなには小さくないよ。あ、見て、寝ちゃった」
こんな風にして、僕は王子さまと知り合った。


★延伸閱讀: 什麼才是一流?久石讓《感動,如此創造》朗讀欣賞